おすすめ洋画紹介『パターソン』

洋画

詩のような映画『パターソン』(原題:Paterson)に出会えました。

アメリカニュージャージー州パターソン市に妻と愛犬と暮らす、バスの運転手パターソン。

朝起きて、となりで寝ている妻にキスをして、朝食をとって仕事に向かう。時間があればノートを取り出し、詩を書く。

帰宅後、その日の出来事を妻と話し、夕食をとる。愛犬マーヴィンの散歩に行き、お気に入りのバーに立ち寄って店主と話す。

そして一日の終わりは妻のとなりで眠りにつく。

妻ローラとの会話、彼の周りにいる人々とのふれあいは特別ではなくても美しい。パターソンの7日間を綴った作品です。

スポンサードサーチ

『パターソン』

カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品

監督は『コーヒー&シガレッツ』で知られる、ジム・ジャームッシュ。第69回カンヌ国際映画祭コンペティション出品作です。

『パターソン』キャラクター紹介

パターソン(アダム・ドライバー)

パターソン(アダム・ドライバー)
画像引用元:IMDb

バスの運転手。日常の出来事を詩に書きとめている。妻のすることや独創的な料理には文句をいわず、表情にも出さない。

ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)

ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)
画像引用元:IMDb

パターソンの妻。彼女のアートによって家のインテリアは日々かわる。とつぜん歌手になるといってギターを買う。

マーヴィン

マーヴィン
画像引用元:IMDb

パターソンとローラと一緒に暮らすフレンチ・ブルドック。不満は表情や声に出して伝えるタイプ。

ドク(バリー・シャバカ・ヘンリー)

ドク(バリー・シャバカ・ヘンリー)
画像引用元:IMDb

パターソンが通うバーの店主。

ドニー(リズワン・マンジ)

ドニー(リズワン・マンジ)
画像引用元:IMDb

パターソンの同僚。家庭で起こる小さな問題をパターソンにグチるのが日課。

『パターソン』を観て

『パターソン』を観て
画像引用元:IMDb

この映画を観た印象をひとことで表現するとすれば「瑞々しい」かな。

映像も音楽も、余計な情報はいっさい入っていないという感じ。とても静かな湖面のように美しい。

パターソンの、日々の幸せを静かにかみしめる様子が詩に表現されています。この作品自体が、まるで詩のようです。

観たあとで同じ気持ちになるのは、松本佳奈監督のパンとスープとネコ日和や、荻上直子監督のめがねなど。

特別でない日常をていねいに綴った作品って、ほっとします。心がちょっと疲れたときや、日々につまらなさを感じたとき、ぜひ観てください。

『パターソン』を無料で観る


Amazonプライム会員、U-NEXT会員なら無料で観られますが、会員ではなくても無料体験で観ることができます!

あと、TSUTAYAネット宅配レンタルの無料体験を利用する方法もあります。

①動画配信サービスの30日間無料体験を利用する

以下の動画配信サービスの、30日間の無料体験を利用して観られます。

②TSUTAYA DISCASの無料体験を利用する

「TSUTAYA DISCAS」なら、TSUTAYAネット宅配レンタルや、動画の視聴ができます。DVDをネット宅配レンタルし、観たらポストで返却するだけです。

30日間の無料体験期間があるので、『パターソン』を観てください。


人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット