おすすめ洋書・映画紹介『Coraline(コララインとボタンの魔女)』

洋書 洋画

今回は、おすすめの洋書『Coraline』を紹介します。邦題は『コララインとボタンの魔女』です。

ちょーっぴりこわい、子ども向けファンタジー。でも、大人でも楽しめる…いや大人の方が楽しめるかも?

映画化されている作品なので、映画についても書きます。

スポンサードサーチ

『Coraline(コララインとボタンの魔女)』

『Coraline(コララインとボタンの魔女)』

ちょっとこわいファンタジー

著者は、イギリス人作家のニール・ゲイマン。
ワクワクでちょっとこわい、ファンタジー物語です。

Reading Guide

Reading Guide
巻末に、”Coraline Reading Group Guide”がついています。

本のあらすじと、”Discussion Questions”があり、本の内容についての16の質問が書かれています。

たとえば以下のような質問。

Describe Coraline. What kind of a person is she? How does she like to spend her time?

だれかと英語でディスカッションしてみるのもいいですね。

A Coraline Q&A with Neil Gaiman

A Coraline Q&A with Neil Gaiman
この本の著者ニール・ゲイマンのインタビューが収録されています。

「コラライン」という名前がどのように生まれたのか、またニール・ゲイマン自身についてのことなど。ここも読んでみると面白いです。

『Coraline』のあらすじ

好奇心旺盛な少女コララインは、両親とともにピンク・パレスという古いアパートに引っ越してきた。

園芸ライターをしている両親は、仕事が忙しいのでコララインにかまってくれない。古いアパートにさびれた庭。コララインは友達もできずに寂しい思いをしていた。

ある日、退屈しのぎに家を探索していたコララインは、壁に小さな扉をみつける。扉の向こうに通り道が。その先にはまた扉があり、入ってみると…

コララインの家だった。しかし、現実とはなにかが違っていた。

美しい花々が咲く庭。夢のようなサーカス。コララインの好きなものをなんでも与えてくれるやさしい両親。

しかし、彼らの目は、黒いボタンになっていた。

寂しく退屈な日々と持ちまえの好奇心から、「こっちの世界の方が、面白い!」と感じていたコラライン。

しかしある日、現実世界の両親が行方不明になってしまう。彼らがさらわれてしまったことを知ったコララインは、決定的になにかがおかしいと気づく。

コララインの不思議でおそろしい冒険がはじまるー

『Coraline』を読んだ感想

読みやすい長さとレベル

長すぎず短すぎない160ページ。ちょうど読みやすい長さで、挿絵もあります。
多読の1冊として、さらっと読みたい人むけです。

英語の完全初学者にはちょっとむずかしいかもしれませんが、中級レベルならじゅうぶん楽しめるはず。

不思議の国のアリスのよう

扉のむこうには別世界。まるで不思議の国のアリスです。

ワクワクする夢のような世界…でもなんだか、ここにいてはいけないような気もする、というコララインに感情移入し、楽しんで読めました。

映画『Coraline(コララインとボタンの魔女)』

Coraline
画像引用元:映画.com

ストップ・モーションアニメで映画化

映画版『Coraline(コララインとボタンの魔女)』は、人形などの物体を少しずつ動かして撮影するストップ・モーションアニメです。

あたたかみと、おもちゃ箱のようなかわいらしい雰囲気があります。

美しい映像

美しい映像
画像引用元:映画.com

この映画、映像がとてもきれいなんです。

夢みたいに美しいけど、どこか不気味な雰囲気もある。ずっといたいけれど、いてはいけないような気がするような…

光を上手くつかった作品だと感じました。

不思議な音楽

音楽で映画の世界観を作り出しているのは、フランスの作曲家ブリュノ・クーレ
美しく不思議な音楽がこの映画の魅力をより高めていて、わたしはとても好きです。

映画『Coraline(コララインとボタンの魔女)』を無料で観る

動画配信サービスを利用する

以下の動画配信サービスは、30日間の無料体験ができます。

『Coraline(コララインとボタンの魔女)』も観られるので、ぜひ利用してみてください。

まとめ:大人にこそ、読んでほしい1冊

ファンタジー好きなら読もう

かまってくれない両親に不満を感じていたコララインは、なんでも与えてくれる「もう一方の両親」によって、別世界に引きこまれていまいました。

しゃべる黒猫。ネズミのサーカス。そして目がボタンになってしまった別世界の住人たち。読んでいて、あらたなキャラクターが登場するたびにワクワクします。

何かがおかしい。行ってはいけない気がするけれど、なぜか魅かれてしまう…

ワクワクするけど、なんだかこわい。子どもの気持ちを思い出させてくれる1冊。ファンタジー好きな人は必読です。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット