デスクトップの整理に便利な「Special Launch」がおすすめ

Web

みなさん、自分のデスクトップを見てみてください。

フォルダやアプリケーションのショートカットで散らかっていませんか?
そんな人はぜひこの記事を読んでください(笑)

  • パソコンのデスクトップが散らかり放題
  • フォルダを見つけるのに時間がかかる
  • どこに何を格納しているか、自分でもわからない

上記の状態から、デスクトップを「整理整頓」します。

目当てのフォルダ・アプリケーションに一瞬でたどり着くための便利ツール 「Special Launch」をご紹介します。

ちなみに、以前のわたしのデスクトップはこんな感じでした(※イメージ)
以前のデスクトップ
「Special Launch」 を取り入れた後はこうなりました(なにもない状態)
現在のデスクトップ
インストール手順や使い方などを詳しく見ていきましょう。

スポンサードサーチ

「Special Launch」について

「Special Launch」とは

「Special Launch」は、あらかじめ登録してあるプログラムやファイルを素早く起動するためのツールです。

「スタートメニュー」からアプリケーションケーションを探し出して起動するってちょっと手間ですよね。

「Special Launch」 を使えば、あらゆる場所に収められているフォルダなども分かりやすくまとめられます。

つまり、「探す」ことがなくなります。

「Special Launch」を使うメリット・デメリット

メリット

「Special Launch」を使うメリットは以下のとおり。

  • ショートカットを使えば一瞬で開ける
  • 感覚的に操作できる
  • ふだんは画面外に隠れるので邪魔にならない

デメリット

  • 慣れるまでに時間が必要
  • マウスを近づけるとぴょこんと出てくる(後述します)

デメリットについてはすぐに慣れると思うので問題ないでしょう。

インストール手順

以下のダウンロードページにアクセスします

»Special Launch

「ダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。
Special Launchのサイト

そのまま実行してインストールを進めてください。
「Windowsの起動時にSpecial Launchも起動する」がチェックされていることを確認→「次へ」
セットアップ画面

「Special Launchをすぐに起動しますか?」は「いいえ」を選択→「実行」
「Special Launchをすぐに起動しますか?」は「いいえ」を選択→「実行」

これでインストールが完了しました!

Special Launchの設定

アプリケーションケーションを「パッド」に登録

Windowsの「スタートメニュー」から 「Special Launch」 を探し、起動します。「スタートメニュー」から 「Special Launch」 を探し、起動

起動すると、新規の「パッド」が開きます。
新規の「パッド」

右クリック→「ボタンの編集」をクリック。
ボタンの編集

ボタングループの一覧に「新規」フォルダが作成されます。
名前部分または「変更」ボタンをクリックして、任意の名前に変更します。

ここでは「アプリケーション」とします。

「適用」→「OK」をクリック。
「適用」→「OK」

「アプリケーション」という名前のパッドができました。
ここに入れたいものをドラッグ&ドロップします。
ドラッグ&ドロップで入れていきます

ここで注意

デスクトップに保存したフォルダを入れたい場合、いったん別の場所(エクスプローラーのドキュメントフォルダなど)に移動してからパッドに移しましょう。

デスクトップにおいているものを消したあとにSpecial Launchから開こうとすると「見つかりません」状態になります…

こんな感じになりました!次にお好みで設定していきましょう。

お好みで設定:① ドラッグバー

パッドを右クリック→「パッドの設定」
パッドの設定

以下は任意で変えてください。
「左に表示」なら、画面の左からニョッキっと出てきます。

  • タブ:「デザイン」タブ
  • 指定する部分:ドラッグバー
  • 位置:左に表示

デザインタブ
設定後は「適用」→「OK」をお忘れなく!

お好みで設定:②ショートカットキー

こちらも任意ですが、便利なので設定しておくのがおススメ。

  • タブ:「動作」タブ
  • アクティブにするホットキー:任意のショートカットキー(ここではCtrl + Shift + M)

OSに既存で設定されているショートカットキー(Ctrl+C「コピー」など)とかぶらないように注意です。
「動作」タブ

パッドは追加できます

複数のパッドを作っておくと便利です。

右クリック→「パッド」→「新規作成」
「パッド」→「新規作成」

設定の仕方は一つめのパッドと同様です。

わたしは以下のように「ブラウザ」「アプリケーション」「ドキュメントフォルダ」に分けています。
「ブラウザ」「アプリケーションケーション」「ドキュメントフォルダ」

Special Launchの使い方

パッドは使われていないとき、画面外に待機して?います。

以下の方法で立ち上がります。

  • マウスカーソルを持っていく
  • ショートカットキーを押す

でてきたアイコンを選択すれば、起動します。

一瞬で「Google Chrome」がたちあがりました!

上記の「デメリット」でご紹介した「マウスを近づけるとと出てくる」というのは何かを立ち上げようとしていなくても、マウスカーソルを近づけるとパッドが出てきてしまうのです。

でもそこまで気にはなりません。

まとめ

すっきりしたデスクトップ、とっても気持ちがいいですよね。
なにかを探すストレスがなくなります。

作業の準備をする時間を短縮して「仕事がはやい人」になりましょう。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット