『はたらく細胞BLACK』読了

医薬医学

マンガ『はたらく細胞BLACK』読了しました。

以前、『はたらく細胞』について記事を書きました。擬人化された細胞たちの物語を描いたマンガなんですが、これが勉強になるし、面白い。

記事はこちら。
»【医薬・医学翻訳の独学におすすめ】マンガで学ぶ『はたらく細胞』

『はたらく細胞BLACK』は、ちょっぴり視点をかえたシリーズです。

スポンサードサーチ

『はたらく細胞BLACK』

セットはこちら

今回読んだのは、『はたらく細胞BLACK』。

ブラック企業ならぬ、「ブラックな身体」ではたらく細胞たちの奮闘を描いているシリーズです。

疲労、ストレス、睡眠不足、喫煙、飲酒…これらの不摂生によって体は不調をきたし、やがて命に関わる大きな病気につながります。

まさに、細胞たちにとってはブラックな労働環境です。

『はたらく細胞』シリーズでは、主人公の赤血球ちゃんとイケメン白血球さんが登場しましたが、今回はちょっぴり変わります。

主人公は、気のよさそうな新米の赤血球くん。眼鏡でひょろっとした体型の見た目を裏切らないタイプの男の子です。

彼はあまりのブラックな労働環境に弱音を吐き、逃げ出そうとします。

彼が少しずつ変わるきっかけをくれたのは、白血球さん。この人がとにかく美しくてカッコいい!

物語を通して一人前に成長していく赤血球くん。いつの間にか、頼もしくなっています。

『はたらく細胞』でも書いていましたが、このマンガシリーズ、読むことで医学の勉強になります。

たとえば、糖尿病になった身体の腎臓ではたらく糸球体さんたち。

彼女らは、処理しきれない糖分(バスケットに入ったパンや果物)を必死に何とかしようとします。

「沈黙の臓器」の腎臓の糸球体さんは、そんなブラックな環境に文句をいわず、懸命にはたらきます。今後、「糸球体」というワードが出てきたら、わたしの脳裏にそんな糸球体さんの姿が浮かぶことでしょう。

そしてなにより、いちばん勉強になり面白かったのは「痔瘻」の描き方かな…こんな治療法があるんだとまさに目からウロコでした。詳しくは読んでみてのお楽しみです(笑)

それから、読んでいてずっと感じていたことは、「自分の体、大事にしないとな」ということ。

生活習慣における不摂生が、どれだけ内臓(細胞たち)に負担をかけているのかを思い知らされます。「ちょっとの無理」ができるのは、細胞たちが一生懸命はたらいてくれるからなんだなぁ、と。

学べて、笑えて、ちょっぴり切ないマンガ、おすすめです!

…つぎは、『はたらかない細胞』を読みたいです。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット