おすすめ洋画紹介『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』

洋書 洋画

映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』を観ました。

2013年4月15日、ボストンマラソンでおきたテロ爆発事件。

爆発が起きた時、両脚を切断する大怪我を負ったジェフ・ボーマン。犯人を目撃していた彼のおかげで事件は解決し、ジェフは「ボストン・ストロング」の象徴として讃えられるようになりました。

脚を失ったことで英雄になった彼は、苦悩して自暴自棄になりました。

しかしジェフには、支えてくれる家族や友人、それから恋人のエリンがいました。義足をつけた彼は、ふたたび自分で立ち上がろうと決めます。

実話に基づく物語です。

スポンサードサーチ

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』

原作本『Stronger』

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』あらすじ

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』あらすじ

ボストンで母と暮らす27歳のジェフ。

彼はちょっといい加減な性格だ。仕事でやらかしたミスをほっぽり出して、大好きなレッドソックスの応援にいってしまうし、たびたび昼間から飲みつぶれるし、おまけに人との約束は守れない。

元恋人とのエリンとは別れたばかりだ。バーで偶然エリンと出会ったジェフは、ふたたび彼女とヨリを戻そうと必死に声をかける。

後日、ボストンマラソンに出場するエリンと応援しようと、ジェフはお手製の応援カードをつくってゴールの近くで待機していた。

とつぜん、ジェフが立っていた場所の近くで爆発がおきた。エリンと家族が病院に駆けつけると、両脚を切断して意識不明のジェフが横たわっていた。

意識を取り戻したジェフは、「犯人を目撃した」と告げた。彼は、駆けつけたFBI捜査官に犯人の特徴を伝えた。

彼の証言により犯人が逮捕され、ジェフはテロに屈しない「Boston Stronger」として讃えられるようになった。

両脚を失ったことで英雄として讃えられるようになったジェフは苦悩し、自暴自棄になった。

しかしジェフには、支えてくれる家族や友人、それからエリンがいた。義足をつけた彼は、ふたたび自分で立ち上がろうとする。

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』を観て

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』を観て

すべてを捨てる覚悟でジェフを支えるエリンと、自暴自棄になったジェフが、感情的になって言葉をぶつけ合うシーンは観ていて辛いものがありました…

どちらかというと「ダメ人間」だった彼が、両脚を失ってから一度は絶望の淵に落とされ、自分の人生やエリンとの関係について真剣に向き合うようになる過程がしっかりと描かれていました。

ジェフにとって、エリンや周りの人の存在がどれだけ大きなものであるのか。脚を失うまでは、彼自身にも本当の意味では理解できていなかったでしょう。

実話だからこそ、爆発直後の凄惨な現場や、病院で家族や友人の安否を確認する人々の様子など、真実味がありました。

ジェフを演じたジェイク・ギレンホールの演技、素晴らしかったです。

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』を無料で観る


Amazonプライム会員、U-NEXT会員なら無料で観られますが、会員ではなくても無料体験で観ることができます!

あと、TSUTAYAネット宅配レンタルの無料体験を利用する方法もあります。

①動画配信サービスの30日間無料体験を利用する

以下の動画配信サービスの、30日間の無料体験を利用して観られます。

②TSUTAYA DISCASの無料体験を利用する

「TSUTAYA DISCAS」なら、TSUTAYAネット宅配レンタルや、動画の視聴ができます。DVDをネット宅配レンタルし、観たらポストで返却するだけです。

30日間の無料体験期間があるので、『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』を観てください。


人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット