おすすめ洋画紹介『僕のワンダフル・ジャーニー』

洋書 洋画

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』を観ました。

何度も生まれ変わって、大好きなご主人のところにかえってきた老犬ベイリー。今度は孫娘のCJを守るように頼まれて…

ベイリー目線のナレーションが可愛いんです。
「どこまで一途なんだよ、ベイリーーー…!」あなたが犬好きならそう感じるはず。

原作本『A Dog’s Journey』もぜひ。

スポンサードサーチ

僕のワンダフル・ジャーニー

『僕のワンダフル・ライフ』の続編ということですが、『僕のワンダフル・ジャーニー』だけを観ても理解でき、楽しめるようになっています。

原作本『A Dog’s Journey』

日本語版『僕のワンダフル・ジャーニー』

僕のワンダフル・ジャーニー あらすじ

僕のワンダフル・ジャーニー

ベイリーは、ご主人のイーサン・モンゴメリーが大好き。

イーサンの孫娘CJと遊ぶのも大好きだったが、CJの母親グロリアは動物が嫌いで、ベイリーを近づけようとしない。

夫を亡くし、CJに母親らしいことができないグロリアは、向き合おうとする義母ハンナと義父イーサンに敵意を向け、CJを連れて家を出ていってしまう。

CJがいなくなって、モンゴメリー夫妻に明るさが消えてしまった。

そんなとき、ベイリーにもお別れの時がきてしまう。イーサンは別れ際に、「CJを見守ってくれ」とベイリーに言葉をかける。

その「使命」を果たすため、ベイリーは再び生まれ変わって、CJのもとへ戻る決意をする。

バラバラになってしまった家族をひとつにするための旅がはじまる。

僕のワンダフル・ジャーニー を観て

ベイリーが見守る人々の愛、友情、夢、挫折、絶望が描かれていました。

とくにCJは、母親から十分な愛情を受けずに寂しい思いをしてきたこと、大人になって母親と向き合ったこと、幼馴染で親友であるトレントとの関係、ミュージシャンになる夢など…

生まれ変わって別人、いや別犬になっても彼女の一生を見守りつづけたベイリーと、ベイリーを愛したCJの人生のゆくえが見どころ。

単に「犬と人間の愛」だけでは語れない作品です。
あったかい気持ちになりたい犬好きさんは、ぜひ観てみてください。

僕のワンダフル・ジャーニー を無料で観る

僕のワンダフル・ジャーニー

動画配信サービスと、DVDをネット宅配レンタルの無料体験を利用する方法があります。

①動画配信サービスの30日間無料体験を利用する

以下の動画配信サービスの、30日間の無料体験を利用して観られます。

②TSUTAYA DISCASの無料体験を利用する

「TSUTAYA DISCAS」なら、TSUTAYAネット宅配レンタルや、動画の視聴ができます。DVDをネット宅配レンタルし、観たらポストで返却するだけです。

30日間の無料体験期間があるので、『僕のワンダフル・ジャーニー』を観てください。


人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット