おすすめ洋画紹介『メアリー & マックス』

洋画

『メアリー&マックス』という、オーストラリアのアニメーション作品を観ました。

クスっと笑え、ちょっと悲しいけれど心あたたまる映画を観たいなぁ、という気分な人は、ぜひ。

スポンサードサーチ

メアリー&マックス

メアリー&マックス

粘土のアニメーション

物をすこしずつ動かして撮影するのはストップ・モーションアニメです。中でもこの作品は、粘土で作られた物を動かしているので、「クレイ・アニメ」といわれれています。

ストップ・モーションアニメの制作の様子をテレビで観たことがあります。とても時間と手がかかる、大変な作業です。

そのぶん、作品はあたたかみのあるかわいらしい雰囲気になります。

メアリー&マックスのあらすじ

オーストラリア在住の8歳の少女メアリーと、アスペルガー症候群患者であるアメリカ在住の中年男マックスの物語。

2人の共通点は、友だちが欲しいと思っていること。2人とも、孤独だった。

文通友達として、手紙やお菓子を通して心を通わせてきた2人。会ったことはないけれど、時を経るごとに、互いにとってかけがえのない友人になった。

メアリーは大学に進学し、人の心の研究を始めた。マックスを研究対象としたアスペルガー症候群に関する卒業論文は出版され、高く評価された。

愛する人との結婚生活、社会的な成功。ずっと孤独だったメアリーの人生のなかで、いちばん幸せだった。

しかし、メアリーから送られた本は、マックスの心を大きくかき乱した。怒り、裏切られた気持を示す手紙を送ったマックス。

メアリーは自ら本を廃盤とし、家に引きこもるようになった。他に愛する人ができた夫は、家を出て行ってしまった…

メアリー&マックスを観て

メアリー&マックス

心あたたまる2人の友情

アルコール依存症の母と、自分に無関心な父。学校ではいじめられて友だちもいない孤独なメアリー。そして、自分の感情を表現できず、人との接し方がわからないマックス。

「泣くことができない」と手紙に書いてきたマックスに、自分の涙をビンに入れ送ってあげるメアリーの姿は印象的でした。

メアリーの手紙につづられた言葉は、ときにマックスにとってパニック症状を起こすトリガーとなります。それでも向き合おうとするマックスの姿にも心動かされます。

孤独であるということ以外にはまったく共通点を見つけられない2人。けれど、互いの便りが生きがいであると感じられます。

最後が見どころ

ようやく得た幸せから一転、沼に沈んでいくメアリーを観るのは辛かったですが、この映画をさいごまで観てほしい。

人とうまくかかわることができなかった2人が、少しずつ、確かに築き上げた友情の証がみられるシーンです。

メアリー&マックスを無料で観る

動画配信サービスの30日間無料体験を利用する

以下の動画配信サービスは、30日間の無料体験ができます。

メアリー&マックスもぜひ観てみてください。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット