【英語の独学】洋楽をつかった効果的な学習方法とは

学習方法

こんな風に思うことはありませんか?

  • 洋楽を聴くと英語力はあがるの?
  • 洋楽がすき。洋楽をつかった効果的な学習方法があるなら知りたいな。

この記事では、洋楽をつかった効率的な英語学習方法をご紹介していきます!

スポンサードサーチ

洋楽を聴くと英語力はあがるの?

洋楽を聴くと英語力はあがるの?

「そもそも洋楽を聴くことで英語力はあがるのか?」と思われている方が多いかもしれません。

効果的に洋楽をつかえば英語力はあがる

楽しみとしてなんとなく洋楽を聴いているだけで英語力が劇的にあがる、なんてことはないでしょう。けれども「効率的に使えば、洋楽は英語力の向上におおいに役立つ」というのはたしかです。

実感した効果

この記事を書いているわたしは、現在ボイストレーニングに通っていて、洋楽も歌っています。

洋楽を歌うために聴きかたのコツを教わったことで、なんとなくしか聞き取れなかった一語一語がはっきりと聞き取れるようになりました。

また、以前は歌手と同じようなリズムで歌えなかったのですが、聴きかたを変えたことでリズム通りに歌えるようになりました。つながっている音(リエゾン)などの英語独特のリズムをつかめるようになったのです。

つまり、洋楽を正しく聴いて歌うことで、リスニング力もスピーキング力も上がったということです

英語のスキルはすべてつながっているので、リスニング・スピーキング力が上がればライティング・リーディング力も自然と上がってくるはずです。

もし洋楽がすきなのであれば、英語学習につかわない手はありません。
洋楽をつかった効果的な学習方法をみていきましょう!

洋楽をつかった効果的な学習方法

洋楽をつかった効果的な学習方法

ステップ1、曲を決める

さっそく、なにか曲をえらんでみましょう。

ゆっくりめの曲にする

もともと好きでよく聴いている曲でも、これからえらぶ曲でも構いません。

大切なことは、アップテンポの難しい曲ではなく、はじめはゆっくりめ、かつ言葉が聞き取りやすい曲をえらぶということです。

自分が歌いやすい曲であれば、なおいいです。

歌詞がわかる曲にする

さらに大切なことは「歌詞が手に入る曲」にすることです。
ネットで検索すればたいていの曲は歌詞をみられます。

せっかくなので英語で調べてみましょう。「曲名+lyrics」で出てくるかと思います。

ステップ2、歌詞を見ながら聴く

曲と歌詞は用意できたでしょうか?それでは、歌詞を見ながら、曲を何度も聴いてみてください。

これまでも、洋楽を聴くときに歌詞を見ていた方もいるかもしれません。
今回は、より「英語を学ぶ」という意識で歌詞を見ながら聴いてみてください。

なんとなく歌詞を眺めながら聞き流すのではありません。

意味が分からない部分は日本語の歌詞と見比べて確認しながら、歌詞の英語をすべて理解するまで聴いてみてください。

「へえ、いままで何ていってるか分からなかったけど、こう言ってたんだ」という単語・フレーズが、たくさんありませんか?

えらんだ曲が、歌詞を目で追えないくらいアップテンポだと聞き取るのが難しくなるので、ゆったりとした曲に変えるのがいいでしょう。

ステップ3、歌う

それでは曲にあわせて歌ってみましょう!

1フレーズずつ、曲をストップさせながら歌ってみてください。初めは歌詞を見ながら、慣れたら歌詞を見ずに歌いましょう。

日本語の歌詞は見ずに歌って下さい。英語を英語で理解するためです。

歌うときに大切なポイントをご紹介します。

  • 歌詞よりも歌手を信じる
  • なりきる
  • ちょっと大げさに
  • 録音してみる

ひとつずつ具体的に説明しますね。

歌詞よりも歌手を信じる

歌詞を見つめながら英単語を一語一語しっかり歌っていたら、曲のリズム通りには歌えないし、なんだか不自然ですよね?

歌手が歌っているのを、あらためてしっかり聴いてみてください。一語一語がはっきり聞こえるのではなく、つながって聞こえませんか?

たとえば ”thinking about all our younger years”は「シキナバウダナヤガヒァ」のように聞こえます。

リスニング、スピーキングにおいてはこちらが「正しい」発音ですし、それは歌詞を見つめているだけでは分からないのです。

聞こえたとおりにカタカナで紙に書き込んで、慣れるまではそのカタカナ通りに歌うのでも構いません。

大切なのは、聞き流さず「ちゃんと聴く」ことです。

なりきる

歌手とおなじように歌うことを目指してみてください。

発音、リズム、強弱のつけかた、息継ぎのタイミングすべてです。歌手を完全に真似ることは、スピーキングの練習におおいに役立ちます。

わたしの歌のトレーナーは洋楽をカバーをするとき、表情まで歌手に似せているようにみえます。

なりきるためには耳を使うことが大切です。すべての神経を耳に集約させるような気持で聴いて、歌ってみてください。

ちょっと大げさに

先ほど「なりきる」といいましたが、発音に関しては「ちょっと大げさ」の方がいいです。たとえば「R」の発音は大げさにしたほうがいいことのひとつです。

日本語は英語とちがい、あまり口を動かさなくても話せるそうです。表情豊かに話すアメリカ人と、ぼそぼそと無表情に話す日本人が容易にイメージできますよね(笑)

話すときに口を動かさないため、日本人には表情筋のかたい人が多いのだとか。
そのため、自分が「R」の発音を歌手と同じようにしたつもりでも、意外とできていない場合があるのです。

思いっきり舌を巻いてかっこよく発音してみましょう。

ポイントは、単語のはじめは普通に、徐々に舌を巻くということです。文字での説明が難しいのですが、たとえば「more」という単語の場合、「m」から「r」にかけてゆっくりと舌を丸めるというイメージです。

ちょっと大げさかな?と自分で思う程度の方が、はたから聞いていて「英語っぽい」、かっこいい発音に聞こえるのです。

録音してみる

自分が歌っているのを聞いたことはありますか?
ためしに録音してみましょう。スマホのボイスレコーダーでOKです。

たとえば英語の歌を歌うとき、自分では英語っぽくはっきりと発音したつもりでも、録音を聞いてみると全く分からないことがあります。

わたしも初めて録音した自分の歌を確認したとき、かっこよく発音したつもりの「r」が全然聞き取れない…と驚きました。

鏡を見ながら歌ってみるとわかるのですが、きちんと口を動かして歌っているつもりでも、かなり無表情に見える、つまり表情筋をきちんと使えていないことに気がつきます。

ちょっと大げさかなと感じるくらい口を動かして、舌を巻いてかっこよく発音してみましょう。意識を変えるだけで録音した歌が驚くほど上手く聞こえますよ。

洋楽を歌うのが上手くなる、ということは、英語の正しい発音を身につけられたということでもあります。

また、声は不思議なもので、あなた自身で聞いているあなたの声と、周りの人が聞いているあなたの声は異なるんです。

あなたが自分で聞いている声は、骨に響いて聞こえている声です。いっぽう周りの人が聞いている声(つまり実際のあなたの声)は口から出た声です。

わたし自身、ハキハキとした話し方だと自分では思っていたのですが、録音を聞くとのんびりした印象で、言葉が一つ一つクリアに聞こえませんでした。口を動かさずに話すことに慣れてしまったからでしょう。

自分の声を別の角度から聞くことで、正しい英語の発音をするときにどうする必要があるのかがわかります。ためしに自分の声を録音してきいてみてください。

まとめ

洋楽を使った英語の学習方法のおさらいをすると、以下の通りです。

  • ステップ1、曲をえらぶ:ゆっくりめの歌いやすい曲で、歌詞が手にはいるもの
  • ステップ2、歌詞を見ながら聴く:ただ聴くのではなく、英語を学ぶことを意識
  • ステップ3、歌う:歌詞よりも歌手を信じて、なりきる。発音はちょっと大げさに、録音して改善する

洋楽は英語の独学にうってつけの学習教材です。一度コツをつかめばいろいろな曲に挑戦できるので、英語力をあげるために洋楽をつかってみてください。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット