【医学医薬翻訳】英単語を語源で覚える方法(①接頭辞)

医薬医学

今回は、「英単語を語源で覚える方法(接頭辞)」をテーマに記事を書きます。

以下のような人向けです。

  • 医学・医薬翻訳を学びはじめたorこれから学びたい
  • 英単語を覚えるのに苦労している

医学や医薬にかかわる英単語って、専門的でむずかしいですよね。

わたしは通信講座で医学・医薬翻訳を学んだ経験があるのでわかります。

現在、本業では医薬の安全性にかかわる仕事をしています。
また、医薬翻訳チェッカーの副業をしています。

今回は、医学・医薬翻訳を学ぶ人にむけて、英単語を覚える方法をご紹介します。


この記事を読めば、単語を覚えやすくなります。
それに、知らない単語に出会っても大体の意味が分かるようになるはず。

スポンサードサーチ

完全に覚える必要はない

「覚える必要はない」というと語弊があるかも。
翻訳をするなら、たくさんの英単語を知っている方がもちろんいいです。

基本的には調べる

翻訳するときには辞書や辞典で調べます。
たとえベテランの翻訳者でも、調べることなく翻訳はしません。

なので、これから翻訳を本格的に学ぶ人は「英単語を完全に暗記しなきゃ」と考える必要はありません。

意味を予測できるようになる

専門的でむずかしい医学・医薬の英単語。
「英語、得意なのに知らない単語ばっかり…」とへこむ人もいるのでは。

でも、知らない単語に出会ったとき、だいたいの意味を予測できればどうでしょう?
翻訳につまることが少なくなりそうです。

その方法をご紹介します。

語源を知ろう

英単語を構成する「語源」を知れば、翻訳が楽になります。

語源とは以下の3つのこと。

  • 語根(root)
  • 接頭辞(prefix)
  • 接尾辞(suffix)

今回は「接頭辞(prefix)」です。

接頭辞とは?

接頭辞とは、単語を構成する一番まえの部分です。

例をだしますね。

antibiotic(抗生物質)

この単語の接頭辞は「anti」です。
「anti」には「~に反対する(against)」という意味があります。

「anti」が接頭辞の単語

他に「anti」が使われている単語を少しご紹介。

  • antibody(抗体)
  • antigen(抗原)
  • antiviral(抗ウイルスの)

すべて「抗=~に反対する」という意味の単語です。

いろいろな接頭辞

ほかの接頭辞をいくつかご紹介します。

-a:~がない(without)/~でない(not)

  • arrhythmia(不整脈))
  • atoxic(無毒の)
  • agrypnia(不眠[症])

de-:欠如(lack of)/移動(removal of)

  • dehydration(脱水症)
  • defibrillation(除細動)
  • denervation(除神経)

hyper-:過度の(excessive)

  • hypercalcemia(高カルシウム血症)
  • hyperhidrosis(多汗[症])
  • hypertension(高血圧[症])

hypo-:低下した(under)

  • hypometabolism(代謝低下)
  • hypokalemia(低カリウム血症)
  • hypotension(低血圧[症])

in-/im-:~でない(not)

  • insomnia(不眠[症])
  • impotence(不能[症])
  • insufficiency(不全[症])

まとめ

今回は接頭辞をご紹介しました。

これを知っていると便利です。
「hypotension」の意味が分からなくても、「なにかが低下していること」は分かるからです。

英単語の語源を知ることは翻訳を学ぶ上で必ず役に立つはずです。

接尾辞についての記事はこちらからどうぞ。
»【医学医薬翻訳】英単語を語源で覚える方法(②接尾辞)

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット