【使える英語表現】「Vice versa」の意味とネイティブの使い方

英語コラム

今回は便利な英語表現「Vice versa」について、記事を書きます。

スポンサードサーチ

Vice versa=「逆も同じ」

Vice versaは日本語で「逆も同じ」と言うときに使います。

Cambridge Dictionaries Online(ケンブリッジ英英辞典オンライン)では以下のように説明されています。

used to say that what you have just said is also true in the opposite order

普通に使われている

「Vice versa」をはじめて知った人は思いませんか?
「これは英語なのか?」と(笑)

それは、この表現の語源がラテン語だからです。

わたしも「ほんとに使われてるのかな」と思いましたが、ポッドキャストなど聞いていると、多用されていました。

ネイティブスピーカーの使い方

英語ネイティブスピーカーは「Vice versa」をどのように使うのでしょう?
例文でご紹介します。

通常は”and”または”or”と一緒に使うようです。

  • “They don’t like Tom and vice versa”
    「彼らはTomのことが好きじゃないし、Tomも彼らのことが好きではない。」
  • “She is very angry with him and vice versa.”
    「彼女は彼に対してとても怒っているし、彼も彼女に対して怒っている。」
  • “They might buy you a present! Or vice versa you may want to buy them a present instead!”
    「彼らは君にプレゼントを買ってくれるかもしれないよ。(逆に君も)何か買ったらいいんじゃないかな。」
  • “You can take the blue one and I will take the red one, or vice versa.”
    「青色のを持って行っていいよ、わたしは赤色にする。逆でもいいよ。」
  • “Finding Japanese people at American high schools is difficult, and vice versa.”
    「アメリカのハイスクールで日本人を見つけるのは難しい。逆も同じ(日本の高校でアメリカ人を見つけるのは難しい)」

まとめ

紹介した例文、“They don’t like Tom, and vice versa” を ”They don’t like Tom, and he doesn’t like them”などと繰り返す必要をなくしてくれるのが「Vice versa」。

これだけで表現できるのですから便利ですよね。

英語でニュースなど聞くときに、注意して聞いてみてください。
学んだ表現を実際に聞いてみるとちょっと嬉しくなります。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット