【間違い?】「トライ・アンド・エラー」は和製英語

1

今回は、わたしたち日本人がよく使う「トライ・アンド・エラー」について書きます。

スポンサードサーチ

「トライ・アンド・エラー」って?

こんな風に使いますよね。

  • A子:今日も逆上がり上手くできなかった。いつになったらできるんだろ…
  • B太郎:トライ・アンド・エラーだ。頑張れ!

スミマセン、もっといい例があるかもしれませんが
なぜか「逆上がり」しか思いつきませんでした…

とにかく「試行錯誤する」という意味で、よく使われていますね。

和製英語です

そう。
”Try and error”「トライ・アンド・エラー」は、和製英語です。

正しくは”Trial and error”「トライアル・アンド・エラー」なんです。

文法がおかしい

そもそも、”Try and error”では、”and”がつなぐ2つの品詞がそろっていません。

  • Try「試す」…動詞
  • Error「間違い」…名詞

”Trial and error”の”Trial”は「試し」という名詞なので、”Error”とそろいます。
正しいことがわかりますね。

ネイティブスピーカーの反応

わたしは「トライ・アンド・エラー」という言葉を使うことはめったにありません。
でも「トライアル・アンド・エラー」ではなく「トライ・アンド・エラー」だと思っていました。

いつも使っている英語アプリに、今回の気づきを投稿してみました。

以下のようなコメントがありました。

“Try” and “Trial” are similar words in meaning too, so that mistake is not too bad!

「悪くない間違いだよ!」と言ってくれています。
でも、やはり「トライ・アンド・エラー」が間違いであることがわかりますね(笑)

まとめ:日本人には”Try and error”?

日本人にとって「正しい」のは、「トライアル・アンド・エラー」ではなく、「トライ・アンド・エラー」ですよね。

そちらで認識されているのだから、「トライアル・アンド・エラー」なんていうと
逆に怪訝な顔をされるかも。

日本人同士のカジュアルな会話では「トライ・アンド・エラー」でいいのでは?と思ったりします。

ただし英語のネイティブスピーカーには通じないか、訂正されるかもしれませんが…

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット