【洋書の多読】スラスラ読めるようになる方法

英語コラム

洋書を読むときに、こんなお悩みはありませんか?

  • 使われている単語はむずかしくないのに、読めない
  • あらすじが理解できない

英語学習ために洋書の多読をしている人や、楽しみながらスラスラ読めるようになりたい、という人向けの記事です。

スポンサードサーチ

なぜか「読めない」

たとえば、あなたが英語中級レベルだとします。そして、中級者向けの洋書を読もうとします。その本の単語の多くは理解できるし、難しくないはずなのです。

でも、なぜか内容が頭にはいってこないというか、スラスラ読めない…

こんな風に感じたことはありませんか?

知らないと難しい

読めない理由は、「知らないから」だと思うのです。

まったく知らない内容の本を理解するのは、ときに和書でも難しい。洋書ならなおさらです。

まして、複雑なプロットの小説だと、「いま何がおこってるの?」と訳がわからなくなる。上級者むけの洋書でなくても、そうなるのです。

あらすじを知っておく

わたし自身が洋書を読んでいて感じたことがあります。

それは、あらすじを全く知らないのと、少しでも知っているのとでは、読みやすさがまったく異なるということ。

あらすじを知る方法をご紹介します。

あらすじを知る方法①:調べる

まずはネットなどであらすじを調べる方法。

「読む前にあらすじを調べるなんて、邪道だ!」と思う人もいるでしょう。でもわたしはそう考えていません。

楽しんで多読するのに効果的

洋書の多読によって英語力を高めたい人や、洋書をスラスラ読みたい人にとっては、あらすじを知っている方がはるかに楽しめます。

それに、「ネタバレ注意」という記事を読まなければ、結末だけお楽しみにして、あらすじを知ることができます。

あらすじを知る方法②:映画を観る

洋書の中には、映画の原作となっている作品が多くあります。

なかには展開が少し違っていたり、原作には登場しないキャラクターが登場することもあるので、完全に同じではないかもしれません。

でも、あらすじや世界観を知るには、映画を観ることは大いに助けになります。

映画を無料で観る

まずは、動画配信サービスの無料体験を利用するのがおすすめです。

以下のサービスは30日間の無料体験があるので、気になった本が原作となっている映画を観たあと、読みやすさを試してみましょう。

ちなみに、わたしが観て、読んだ作品について記事を書いています。
»多読におすすめ洋書『HOLES』

まとめ:読みやすさを工夫しよう

洋書がよめないことを、ただ「英語力がたりないだけ」と決めつけるのはもったいないです。

英語力をあげる努力はもちろん大切ですが、「どうすれば洋書をスラスラ楽しんで読めるようになるかな?」と工夫してみましょう。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット