英語の独学におすすめ本「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」

英語コラム

こんにちは。

今日は、「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」という本をご紹介します。

以下のような人におすすめです。

  • 洋書を読めるようになりたい
  • TOEICのスコアを上げたい
  • 英単語を暗記するのがニガテ

それではみていきましょう。

スポンサードサーチ

「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」

洋書を読めるようになりたいのに読めない人、TOEICリーディングパートで時間内に最後まで解けない人、多いのではないでしょうか?

今回ご紹介する「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」は、そんな悩みを解決してくれる本です。

楽しく効率的に読む

本の内容は文字通り「英語を多読しよう」というものですが、ただ読むのでなくて「楽しく」、「効率的に」読む方法と、その驚くべき効果が書かれています。

さらに、多読だけではなく「多聴」と「多観」、つまり英語で聴く、観ることについても紹介されていて、盛りだくさんなのです。

無料で読む

電子書籍を読み放題の「Kindle Unlimited」なら、30日間無料で利用できるので読んでみて下さい。
Kindle Unlimited
»Kindle Unlimited

「英語の多読」とは

読んで字のごとく、「英語をたくさん読もう」ということですよね。
「まずは100万語をめざそう」と書かれています。

100万語は、ハリー・ポッターの全シリーズ、つまり1巻~7巻をすべて読むくらいだそうです。原書をみたことがある人なら、「うおぉ…」となる量であると分かります(笑)

ちなみにこの数字はあくまで目安なので、こだわる必要はありません。

多読に暗記は必要なし

英語の勉強では「単語の暗記」が大事ですよね。毎日コツコツ、単語を覚える人も多いのでは?

でも多読はちがいます。

暗記は一切しません。それでもペーパーバックを読めるようになったり、海外旅行で不自由は感じなくなったりしたという人たちが出ています。

「暗記しないのにナゼ?」と思いますよね。
多読を実践した人の体験談が紹介されているので、この不思議が理解できます。

英語を「聞く」、「話す」力も上がる

多読で得られるのはリーディング力だけではないのです。

たくさん読むと、リスニング力、スピーキング力が上がる…不思議ですね。
これについても解説されています。

多読は楽しく読むことが大切

自分が苦手なことを辛抱する、頑張る。
これだと楽しくありません。楽しくないと、続きません。

この本で書かれている多読のモットーは「楽しく!」です。
楽しく多読をするための原則があります。

「英語の多読」の方法

多読のざっくりした方法は、以下のように書かれています。

「多読三原則」をつかって、辞書を引かなくても「読める」絵本から始め、知らない単語は見なかったことにして先へ進みます。

「多読三原則」は、以下の通りです。

①辞書は捨てる
②分からないところは飛ばす
③自分に合わないと思ったら投げる

多読は合理的な方法

「辞書を捨てる」だと…?

辞書を使って洋書を読もうとしてきた人には信じられないことですねぇ。
わたしは以前から辞書を使わずに洋書を読んでいたので、「たしかに!」と感じました。

ときどき、気になった単語は好奇心で調べますが、基本的に分からない単語は読み飛ばしています。自分にとって面白くない本は数ページで読むのを止めます。

そう、気づかずに「多読の三原則」を実行していたのです。

ただ、この原則では「多読中に辞書を引くのはダメ」としているので、きっちりと守れてはいません(笑)

「捨てる」、「飛ばす」、「投げる」。

これだけだと納得いかないかもしれませんが、本の中でそれぞれ詳しく書かれているので大丈夫です。

この方法は、「英語を読む量」をふやす合理的な方法だと思います。

「英語の多読」の注意点

自分にノルマを課さない

特にノルマを決めることは危険です。1日何ページとか、月に何冊とか、今年中に○○のレベル、シリーズ制覇、TOEIC何点突破といった目標を立てると、たいがい挫折します。

いわゆる「勉強」が好きな人は、これ、やってしまいがちです。

ノルマを課す方が続けられる、その方法が自分に合っているというのであれば良いと思います。

しかし、ノルマを課すのは人によってストレスになり得ます。「楽しむことが大切」という多読のモットーからズレますね。

まとめ:どんどん英語を読もう

わたしは普段から洋書を読んでいますが、まだ「多読」というレベルではありません。

でも、好きな本を楽しんで読んでいると、読んだ分だけ勝手に英語力が身についていることを実感します。多読すれば、その効果はもっと大きくなるだろうと分かります。

英語の勉強方法に悩んでいる人や、TOEICのスコアが上がらないな、という人はぜひ、多読を試してみてください。英語を読むのがはやくなるので、TOEICを解くスピードが上がります。

多読するなら読み放題サービス

まずはこの本を読んで多読について知るために、そして多読をするために、電子書籍が読み放題の「Kindle Unlimited」を試してみてください。

洋書を何冊も買うのはお金がかかりますが、「Kindle Unlimited」なら月額980円です。

30日無料期間でもじゅうぶん読めるのでおすすめです。
»Kindle Unlimited

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット