TOEIC、英検の準備(※意外と重要な持ち物)

TOEIC 英検

今回はTOEICや英検などの試験を受けるときに、意外に重要な持ち物について書きます。

スポンサードサーチ

試験で失敗したこと

わたしはこの間、1年ぶりくらいに英語関連の試験を受けました。
英検1級です。

結果はまだですが、失敗してしまったことがあります。
リスニングです。

負の流れにハマった

TOEICや英検を受けたことがある人なら分かるでしょうか。

選択肢を迷っているうちにつぎの問題にのり遅れ、その後の問題にもついていけなくなる感じ…

これを勝手に「負の流れ」といいます(笑)
わたしはリスニングでこの流れにハマり、実力を十分に発揮できませんでした。

もちろん実力も足りていなかったですが、別の原因として「筆記用具」がありました。

シャーペン&消しゴム問題

わたしが当日使っていたのは、シャーペンと消しゴム。
しかし、ただのシャーペンと消しゴムではありません。

  • 書き心地がいいとは言えないハリーポッターのシャーペン
  • もとは白なのに、一部が紫色に変色している消しゴム

つまり「マークシートに適していないシャーペンと消しゴム」です。

結論:筆記用具は大切

わたしはずっと前に英検2級を受けたことがあり、英検は今回(1級)で2回目。
TOEIC試験は6、7回くらいかな?

とにかく、英語の試験は何度も受けてきました。
でも、筆記用具については重要視していませんでした。

しかし今回、問題が起こりました。

  • 書きにくいシャーペンでマークすること自体に時間がかかった
  • リスニング2問目でマークミスし、消しにくい消しゴムで消すのに時間をとった

そして次の問題の半分を聞きのがし、選択肢に悩んでいるうちにその次の問題にも乗り遅れ…

完全に「負の流れ」です。

ゆっくり消してる時間はない

TOEICや英検では「のんびり消してマークしなおす時間はない」ということ。
知っていましたが…甘く考えていました。

消しにくい消しゴムで消そうとやっきになっているうちに、置いて行かれるのです。

…いま書いていて思いました。
消しにくい消しゴムって、ただの「ゴム」じゃないか?と(笑)

今回の試験は、「準備をしっかりするのも試験のうち」と考える教訓になりました。

専用の筆記用具を使いましょう

わたしは、これを買いました。

マークシートシャープペンHB、消しゴム 替芯セット

マークシート用のシャーペンと消しゴムです。

いままでは「ふつうの鉛筆かシャーペンでも大丈夫でしょ」と思っていました。

けれど、英語資格の上級者の人たちのブログやTwitterをみていると、こういうものをしっかり使っていらっしゃいます。

シャーペンは太芯でマークしやすく、消しゴムはピンポイントで消すことができます。

次回の試験を楽しみに

試験での実際の使い心地は、次回TOEICまたは英検を受けたときに報告します。

試験の準備は筆記用具から。
小さいことですが、こういったこともスコアに影響するはず。

試験を受けるのが楽しみです。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット