【レビュー】本田健『30代にしておきたい17のこと』

Book

本田健さんの『30代にしておきたい17のこと』に関する記事を書きます。

この記事を書いているわたしは現在30歳。
この本を読んだのは29歳で、30歳になる直前でした。

ちなみに、『20代にしておきたい17のこと』のレビュー記事も書いています。
»【レビュー】本田健『20代にしておきたい17のこと』

シリーズものです

10~60代までのシリーズになっています。

自分の年代でなければ役に立たないということはありません。
どの年代の本を読んでも面白く、学べることが多くあります。

たとえば、30代版は、20代版の延長のような内容になっています。
わたしはたまに20代版を読んで、ふり返りをしています。

今回は『30代にしておきたい17のこと』を読んだ感想をご紹介。
17のことを挙げていくのではなく、とくに心に残ったところを書いていきますね。

スポンサードサーチ

『30代にしておきたい17のこと』はどんな内容の本か

30代で何を決めるかでその後の人生が決まる

人生の90%は30代で決まる

少しドキっとさせられますね。

これは30代に人生における大きな決定をすることが多いためです。

多くの人が30代で結婚、転職、起業、出産などのライフイベントをむかえます。
30代で何を決めるかで、その後の人生は大きく変わっていきます。

「なんとなくそうなった」では悲しい。
「自分で決める」ことの大切さが書かれています。

20代の自分が訪ねてきたら

タイムマシンで、もしも20代の自分が訪ねてきたら、何といわれるでしょうか?
「こんなの自分じゃない」といって、泣き出されるかもしれません。

20代のころ抱いていた理想を、30代のあなたは叶えてあげられているでしょうか
と問いかけられています。

いま「20代の自分に幻滅される自分」でも大丈夫。
「いまから行動しよう」と思わせてくれることが書かれています。

30代のお金とのつき合い方

30代にいくら稼いで、いくら使うのかということが、その人のお金の人生を決めます。

お金とどうつき合っていくのかを考えることも大切。

今の会社で働き続けるのか、転職するのか、副業を始めるのか、どうやって貯金を増やしていくのか…

お金は人生に大きな影響を与えます。

会社員の人は、「自分で稼げるスキル」を磨いておくことも大切です。

パートナーを持つか、子どもを持つか

パートナー、子どもを持つとどうなるのか。これからの人生を考えるときに、いいことも悪いことも含めて、リサーチしておくことは大切です。

パートナーがいない人は、「パートナーを持つ人生」、「シングルで生きる人生」をリサーチすること。

パートナーが欲しいのに「気がついたら独身のまま40代を迎えていた」という人が多いのだそうです。

「自分はこれからの人生でどうしたいのか」を考えておくことが大切だと書かれています。

自分の専門分野とは

自分の居場所を探すのが20代だとすれば、自分の居場所を決めるときが30代だといっていいでしょう。

ここで書かれている「居場所」とは「専門分野」のこと。

なにをやりたいのかを考えて、ひとつ決めてみる。
とにかくやってみて、違ったら方向転換すればいい。

始めなければ積みあがらない

始めなければ、いつまで経っても経験が積み上がりません。

「これでいいのかな」と迷う前に、とにかくやってみる。
「居場所を決める」
ことが大切ということです。

どんな人とつき合うかで人生は決まる

30代に出会う人は、あなたの人生をつくっていきます。

つき合っている人たちがどんな人たちなのかによって、自分の人生が変わってくる。
人脈が幸せを運んでくれ、お金を生み出してくれます。

どんな人たちとつき合っていきたいのか。
30代で考えたい大切なことです。

自分のライフワークとは

30代は、才能を開花させるラストチャンスでもあるのです。

「もう30代になったから」といって夢をあきらめる必要はありません。

何でもチャレンジできる最後の10年が30代。
才能を開花させるためには「自分が本当にワクワクすること」を知ることが大切です。

感想

「勇気」をくれた本

20代の頃は夢や目標に対して、心のなかで「30代までに」というタイムリミットを設けていました。

『30代にしておきたい17のこと』は、30歳のわたしに「ワクワクを追いかけてもいいんだ」と思わせてくれました。

やりたいことに挑戦する勇気をもらえたように感じました。

「考えるきっかけ」をくれた本

お金のこと、パートナーや子どものことなどについて、これまで深く考えることがありませんでした。

この本は「自分で決める」ことの大切さをわたしに教えてくれました。

自分の人生なのに「なんとなくそうなった」では悲しすぎます。
「自分がそう決めたから、後悔はない」人生の方が良いに決まっています。

いまは「自分はどうしたいのか」を手帳に書いて、見直すようにしています。

まとめ

いま30代の人、そしてこれから30代を迎える20代の人におすすめしたいです。

「どんな人生を送るのか」という基盤をつくる30代が、いかに大切な10年であるかに気づくことができるからです。

本田健さんの、以下の本もおすすめしたいので、感想を書いた記事をご紹介しておきます。

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット