洋書の多読におすすめ『The Dog Who Watched TV』

洋書

『The Dog Who Watched TV』を読みました。

ワンコのジャスパーが可愛すぎるのですよ。寝ながら足を動かしているところなんか、「あぁ〜うちの子も、してたなぁ」と微笑んでしまう。

犬好きな人にはたまらない。ほっこり癒される一冊になること間違いなしです。

スポンサードサーチ

The Dog Who Watched TV

The Dog Who Watched TV


易しい英語と、あたたかみのあるイラストのおかげで、とても読みやすいです。洋書の多読で挫折しがちな人でも、スラスラ読めるはず。

The Dog Who Watched TVのあらすじ

白いテリア犬のJasperには、不思議に思っていることがあった。テレビの中にいる犬が、いつも消えてしまうのだ。

「ついさっきまで、そこにいたのになぁ」家中さがしても、みつからない。

Jasperには親友がいた。黒いラブラドール・レトリーバーのBarneyだ。

ある日、黒いラブラドール・レトリーバーがテレビに映っていた。「Barneyだ」と、Jasperは思った。しかし彼も、画面の外に消えてしまった。

みんな、一体どこにいったのだろう?

The Dog Who Watched TVを読んで

洋書の多読のスタートに

洋書の多読を始めたばかりの人に、この本はうってつけ。英語のネイティブ・スピーカーの2〜7歳を対象にしているからです。

「英語は初級者じゃないから」といって、いきなり中級レベルの長編に手を出すと、挫折する可能性が高いです。

多読は、易しいレベルのものをたくさん読むことをおすすめします。

ワンコ好きは読もう

何回も書きますが、Jasperが可愛い。
テレビをみて色んな反応をする動物たちって、可愛いですよね。

うちにはオカメインコがいますが、彼はときどきテレビの方を見つめています。なにかが面白くて、観てるんでしょうかね(笑)

とにかく、『The Dog Who Watched TV』は、英語がすき、動物がすきな人にぜひ読んでほしい1冊です。

The Dog Who Watched TVを無料で読む

Kindle Unlimitedの無料体験を利用する

洋書の多読をしたいときは、電子書籍もおすすめ。紙の洋書より安いし、外出先で読みたいときにも便利です。

Kindle unlimitedは月額980円で読み放題なので、洋書の多読にはうってつけなのです。
»Kindle Unlimited

以下の記事も参考にしてみてください。
»【英語の独学】Kindle unlimitedで洋書を読もう

人気記事【体験談】DMM英会話で1年間学んだ感想、メリットとデメリット